ロゼッタストーンと比較した英語教材は?

今回ご紹介する英語教材ですが、これも前回と引き続きスピーキングに重点をおいた教材になります。
「You Can Speak」と言う教材名について、ご存じでしょうか!?。
スピーキングに重点をおいた英語教材があります。
ヒアリングに重点を置いた英語教材があります。
この二つを比べると、ヒアリングに重点を置いた英語教材の方が、やや知名度が低いように思います。
この「You Can Speak」は、スピーキングの英語教材の中でも人気が高い教材と言うことです。
こちらのYou Can Speakも、中学二年生レベルの英語力があると、どなたでも英語が話せるようになると言うことです。
~と言うことは、教材の難易度もそう高くはないということになりますね。
実際、中学生レベルの英語がしっかりと出来る人でも、会話となると、殆ど出来ない場合が多いですよね。
中学レベルどころか、TOEICで800点とか、900点取っている人でも、会話が出来ない人が多いのには驚きますよね。
(汗)これは何故かと言うと、文法にとらわれた英語学習をしてきているからでしょうね。
「You Can Speak」では、会話力ゼロの人でも会話が出来るようになるそうですよ。
(笑顔)(笑顔)これは中学二年の英語力でですよ。
ですから、期待が持てますね。
(笑顔)