超高齢社会に必要不可欠な介護福祉士の資格を取るには?

超高齢社会を迎えた現在の日本では、4人に1人が65歳以上の高齢者です。
高齢社会になるということは、長生きする人が増えているということでもあります。
健康に長生きができれば楽しく過ごせますが、年齢とともに身体の衰えは必ずやってきます。
そうなると、誰でも介護という力が必要になってきます。
自宅で介護を必要とする人にも施設を利用する人にも、介護のプロが適任です。
介護のプロとは介護福祉士が一番当てはまるのではないでしょうか。
介護福祉士とは、国家資格であり専門の知識と技術を用い、介護を必要とする方へ日常生活が健やかに送れるよう援助する人のことを言います。
この資格を取るには、専門の学校(大学や短大、専門学校)に行くか、介護業務に3年以上従事した後、国家試験を受け合格することで得られます。
介護施設で働く人の多くは介護福祉士の資格を持っている人が多いでしょう。
在宅での介護業務にはホームヘルパーの資格を持つ人が多いようです。