クレカでnanacoポイントが貯まる

現在、国内では非常に多くのクレジットカードが使われておりそのほとんどに国際ブランドのロゴが印刷されています。
VISAやMasterCard、JCBが一般的ですがこれがあれば、海外旅行や出張でも多額の現金は不要なので安心です。
三井住友は日本で最初にVISAと提携した企業であり中山エミリさんのCMでもその名前は広く知られていますね。
MasterCardはVISAと双璧をなす企業で消費者金融のアコムと提携していることでも知られています。
JCBは日本発のカードなので国内では加盟店が多いのですが海外ではイマイチなので心許ないかもしれません。
クレジットカードはお金を出さずに清算できるだけでなく色々な特典が用意を利用することができます。
イオン、セブンカードなど流通系のものはポイント付与率が高くなる「感謝デー」を毎月開催するサービスがあります。
ETCカード付きクレジットカードにしておくと、高速道路料金をよく利用する人はさらにポイントが貯まるのでお得になります。
国際部ブランドのVISA、MasterCard、JCBなどは国内の飲食店や宿泊施設の料金面などで優待が受けられます。
会員向けの特典として発行元が運営するレクリエーションサービスは博物館、美術館、水族館や遊園地、テーマパークなどのアミューズメント施設で割引などのサービスがあります。
一方で、美容や健康面でも充実しているカードもあり子育て支援や介護、自己啓発などの相談サービスを利用できるものもあります。
現在、電子マネーは色々な種類がでてきていて毎日の通勤で利用者が増えてきている「モバイルsuica」や「おサイフケータイ」もそれにあたります。
残金に応じて自動でチャージしてくれるシステムもあり、ショッピングや食事の支払は残金の範囲内で行なうことができます。
レジでお金を数える必要が無いので素早く支払を済ませることができるためお手軽です。
1ヶ月単位で弾き落とされるキャッシュレスなカードは使いすぎる危険がありますが事前に支払が完了しているこのシステムでは心配要りません。
利用するに当たっては、預託した金額を支払に充てるため申込み審査が不要ですからパート主婦やアルバイト学生でも利用できるので便利ですね。
不景気な世の中はまだまだ続きそうなので日々の節約を工夫しながら自分でする必要がありますね。
節約生活の中に取り入れて頂きたいのが、キャッシュレスでも買い物できる1枚です。
支払いの時に使うとポイントが付きます。
加算されたポイントは色々な商品と交換する事が可能です。
ポイントを効率的に加算させるにはポイント還元率が良いものですべての支払いを済ませるのが一番貯まる方法です。

nanacoポイントの貯め方は?使える店はここ【賢く貯めるなら?】